happy Mom

3児の母と調剤薬局事務士の視点からお届けする子供の健康トラブル解決ブログ

*

子供がインフルエンザなのに熱が出ない?インフルエンザと風邪の違いとは

      2017/10/04

Pocket

a1180_015542

子供が体調を悪くしたとき、症状を見てあらかたの病気の予想をたてることができれば、病院を受診するときのある程度の指針になることが出来ます。

これから寒くなると風邪をひく機会も多くなると思いますが、ただの風邪で受診したことがきっかけで病院でインフルエンザに感染してしまったり、嘔吐下痢症をもらってしまったり・・・。

長い時間待合室で待たされているときに、こんなことを考えているお母さんはきっと多いことでしょう。

ただでさえ病気で抵抗力が落ちているところで体内にウイルスが入ってしまったら、一気に症状が重篤化する可能性も大いにありますよ。
お母さんでもある程度の見分けが付く風邪と、インフルエンザの症状の違いについて紹介します。

 

インフルエンザに感染したときに起きる症状

インフルエンザに感染してしまったら、一般的に急な発熱(38℃をこす高熱)がみられます。
そして全身のだるさ関節の痛み筋肉痛目の充血等の症状もちらほら・・・。

いつもの風邪よりも絶対に辛そうにしているはずです。

免疫力の弱っている高齢者では肺炎、子どもでは高熱による急性脳炎・脱水症状・熱性痙攣など重症化してしまう可能性がありますよ。
こんな症状が出ている場合は、すぐにインフルエンザを疑ってくださいね。

特に寒くなってきてインフルエンザの流行る時期(11月ごろから)が近づいているときは早急に病院へ受診をし、対処をしてあげましょう。

 

そして絶対にやってはいけない行為が安易に解熱剤を使用すること!

 

そういえば家に座薬が残っていたわ・・・

 

なんて簡単に解熱剤を使用することは絶対に避けてください!

 

インフルエンザの場合は使用していい解熱剤の種類も決まっています。
間違ったものを使用すると症状が重症化し、恐ろしい後遺症が残ったり、最悪の場合は死に至るケースも・・・。
(インフルエンザ脳症、インフルエンザ脳炎、ライ症候群等)

解熱剤の使用については、必ず主治医の指示に従いましょう。

*過去に熱性痙攣を発症したことのある子供さんの場合、急な熱の上昇で痙攣を起こしてしまう可能性があります。
安静にして見守ってあげて下さい。

子供の熱性けいれんで救急車すぐ呼ぶべき?慌てない予防策や対処法を紹介

子供が夜中に発熱!夜間救急の前の#8000とチェックすべき7項目

スポンサードリンク

風邪とインフルエンザの症状の違い・見抜き方

「そうは言っても普通の風邪とインフルエンザの違いってどう見分けるのよ?」

そんなお母さんのために「普通の風邪とインフルエンザの違い」を紹介したいと思います。

一般的に風邪とは、一年中かかる可能性のある病気
鼻水や喉の痛み、咳、そしてインフルエンザほど高くない発熱などの症状が見られます。

インフルエンザと比べると全身症状が少なく、緩やかでダラダラと長引く症状が特徴ですよ。

逆にインフルエンザには流行期があり、大体11月~3月くらいまでと決まっているのが特徴。
急激な発熱(40℃近くまで上がることもある)をおこして、全身の倦怠感や関節の痛み、目の充血などが加わっていたら「インフルエンザ?」と疑ってみるべきです。

インフルエンザ2017流行する時期はいつ?予防接種を受けるベストタイミングを紹介

私は長女が何度もインフルエンザにかかっているのですが、ただの風邪の時は熱が出ていてもおもちゃで遊んだりしていて意外と元気にしているんですよ。

しかしインフルエンザの時は一気にぐったりしてしまい、その症状の差は一目瞭然でした。

毎日子供たちを見ているお母さんの観察力を信じて「いつもの風邪とは様子が違う」と感じたときは、重症化する前に早めに病院を受診してあげましょうね。

インフルエンザでも子供は熱が出ない時がある

急な発熱が最大の特徴であるインフルエンザ。
しかし、インフルエンザに感染しても高い熱が出ない場合や、全く熱が出ない場合があることをご存知でしょうか?

これは「不顕性感染~ふけんせいかんせん~」と呼ばれており「感染しているのに感染症状を発症しない状態のこと」を指します。
インフルエンザに感染した患者さんの20%~40%くらいの割合で見られるようですよ。

 

原因としては

 

・インフルエンザの予防接種を受けていたので症状の重症化を免れた
・感染する前に市販の風邪薬などを内服していて症状を抑制していた

 

などが挙げられます。

 

高熱が出ていなければ一安心なのですが、もしも高熱が出ていなくても

 

・全身倦怠感
・関節の痛み
・筋肉の痛み
・目の充血

 

これらの症状が見られる場合は、インフルエンザの感染を疑って病院で検査を受けたほうがベター。
保菌者としてみんなに移してしまうことを阻止することが出来ますよ。
(特に子供は集団生活の中にいるので、我が子が大丈夫でも他の子供たちが重症化しては大変です)

 

そして先ほどのような症状が出ている場合は

 

・外出を控える
・マスクを着用する
・安静にする

 

などの心掛けをして、周囲に移さないように努めることも大切です。

子供がインフルエンザに!家庭で看病する時にうつらないためのポイントとは

インフルエンザ感染を防ごう!正しい・簡単・効果的な予防対策オススメ8選!

スポンサードリンク

まとめ

インフルエンザに感染したときには、急な高熱をまず目安にします。
小さい子供だと倦怠感や筋肉痛、関節痛といっても何だか言葉でよく表せないので

 

・ぐったりしている
・潤んだような真っ赤な目をしている

 

こんなことで風邪との違いを見分けることが出来ますよ。

長女が通っていた保育園の保護者の中には「熱がないから・・・」という理由で受診もせず、すぐに登園させてしまう方が結構いて、正直「集団生活させているのだから、保護者としてのマナーがあるんじゃないの?」と心の中で思っていたことが多々ありました。

「自己負担で予防接種までして仕事を休むなんて理不尽!!熱もないし良いでしょ!?」という考えだったようですが、熱はなくても子供は本調子ではないわけですし、周囲の子供に移す可能性もあります。

働くお母さんは大変ですが、自分のことだけを考えて行動するのではなく、周りへの配慮もしっかりしたうえで集団生活をさせてあげたいものですね。

子供のインフルエンザ予防接種は効果無し?賛成派・反対派の意見を知ろう

インフルエンザの予防接種持続効果はいつまで?しっかり効果が出る時期とは

 - インフルエンザ

記事本文下①アドセンス

スポンサードリンク


記事本文下②アドセンス




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【卵アレルギーのインフルエンザ予防接種】赤ちゃんや子供は受けることが出来るの?

毎年秋ぐらいになると、インフルエンザワクチンの予防接種が始まります。 しかしこの …

インフルメーターでインフルエンザ予防!アプリと併用した使い方を紹介

「インフルエンザ」と言えば、冬になると流行るウイルス性呼吸器感染症です。 正直私 …

インフルエンザの予防接種持続効果はいつまで?しっかり効果が出る時期とは

インフルエンザの予防接種を考えているお母さん達にとって、「いつ受けさせるか」とい …

インフルエンザ対策にオススメのスマホアプリ5選で子供を守ろう!

11月~2月ぐらいになるとに流行しだすインフルエンザ。 インフルエンザは風邪に比 …

子供がインフルエンザに!家庭で看病する時にうつらないためのポイントとは

保育園や幼稚園など集団生活の場所にいると発症の機会が多いと言われている「インフル …

子供のインフルエンザ予防接種は効果無し?賛成派・反対派の意見を知ろう

季節が冬に近づいてくると、気になるのがインフルエンザの流行。 色んな対策方法があ …

インフルエンザ2017流行する時期はいつ?予防接種を受けるベストタイミングを紹介

日増しが秋めいてきてずいぶん過ごしやすくなりましたね。しかし肌寒くなってくるとこ …

インフルエンザの予防接種妊婦は受けていい?妊娠中に接種するメリットとデメリット

わくわく・・・。 ドキドキ・・・。 赤ちゃんが生まれてくる楽しみが膨らむと同時に …

インフルエンザ予防接種後の副作用って?大丈夫な場合とそうでない場合の見分け方

インフルエンザの予防接種を子供に受けさせるとき、お母さんの頭によぎる心配の一つに …

インフルエンザ感染を防ごう!正しい・簡単・効果的な予防対策オススメ8選!

巷でインフルエンザの流行の話しを聞き始めると「いつわが子に・・・!?」なんてヒヤ …