happy Mom

3児の母と調剤薬局事務士の視点からお届けする子供の健康トラブル解決ブログ

*

赤ちゃんのオムツかぶれにワセリンは効く?使い方と効果

      2017/11/02

Pocket

赤ちゃんの肌トラブル№1・オムツかぶれの救世主「ワセリン」
ワセリンは切り傷や擦り傷など「傷口の保護」に使用されたり、あかぎれや乾燥肌など肌トラブルにも持ってこいのアイテムです。

しかし不純物の多いワセリンを使用するとかぶれてしまったり、カンジタ菌に感染した炎症には効果がありませんよ。

 

・赤ちゃんのオムツかぶれにワセリンはどのような効果があるのか
・純度の高いワセリンとは?
・オムツかぶれにワセリンを使う時の使用方法と注意点

 

敏感肌の赤ちゃんにも安心して使える肌トラブルの万能薬「ワセリン」についてお話します。

 

 

赤ちゃんのオムツかぶれにワセリン(白色ワセリン)はどのように効く?

ワセリンは「皮膚に塗る保護剤の役割をする鉱物油」

常温では軟膏やクリーム状の半固形状態で、薄く伸びる性質があり、水にはほとんど溶けません。
色は半透明の白や黄色など、種類があって無味無臭。
動物の脂肪や植物油のように寒さで固まらないので、すべりを良くする潤滑剤としての役割にも優れていますよ。

オムツかぶれが起きてしまったお尻にワセリンを塗ってあげると、オムツによる肌への摩擦・刺激が軽減され悪化を防ぎます。
そしてワセリンの油分で保護されたお尻は、オシッコやウンチなど排泄物からの刺激も受けにくくなるので、素早く治癒することが出来るんですよ。

ワセリンには余計な成分が入っていないので、肌が本来もっているバリア機能・自然治癒力を損なう心配もなし。
肌本来が持つ自然治癒力をサポートしてくれるのが「ワセリン」です。

スポンサードリンク

赤ちゃんのオムツかぶれに使うワセリンは純度の高いものを!

ワセリンは、肌の弱い赤ちゃんのオムツかぶれにも使える、副作用のほとんどないアイテム。
しかしものによって純度の高さに差があり、純度の低いものは添加物や不純物が入っているため、肌荒れやかぶれなどトラブルの原因になってしまいます。

ドラッグストアで購入するなら「日局白色ワセリン」が価格も安く、純度も高いのでオススメですよ。
また最近では「ベビー白色ワセリン」という赤ちゃんにも使えると明記されているワセリンも販売されています。

中身は特に変わりないのですが「赤ちゃん用のものがいい!」「チューブ型の方が使いやすい」と思う方はベビー白色ワセリンの方を使用してください。

赤ちゃんのオムツかぶれ用にワセリンを選ぶときに見るべきポイントは「添加物が入っていないかどうか」

他の物質と反応しない・変質しないことがワセリンの特徴なので「酸化安定剤」なんかが少しでも配合されていれば、それは「不純物が入っている=純度が低いワセリンの証拠」です。

ワセリンは肌に塗る油の中で一番酸化しにくく、「炭素」と「水素」という原子のみで構成された非常に安定性の高いオイルで、「他の物質と反応しない」という特性を持っている油。
「他の物質と反応しない=肌に刺激にならない」ので、非常に安全性が高い保護油として医療機関でも利用されています。

鉱物油(ミネラルオイル)でシミが出来るとか、肌が荒れるという話は一昔前の話。
「ミネラルオイルは肌に良くない」なんて話をたまに聞きますが、それは精製技術がまだ発達していない時代の不純物の多いワセリンで起った話なんですよ。

では、気になる市販ワセリンの純度を紹介しますね。

 

黄色ワセリン

ヴァセリン Vaseline オリジナルピュアスキンジェリー 368g [800034/345001]

 

市販のワセリンの中でも不純物が多く含まれているのが「黄色ワセリン」
見たまんま黄色いので、すぐに判断できますよ。

肌の弱い赤ちゃんにとっては不純物が刺激・かぶれの原因になるので、オムツかぶれに使用することはおススメできません。
市販でおなじみの「ヴァセリン」も、実はこの黄色ワセリンに分類されます。

 

白色ワセリン

【第3類医薬品】健栄製薬  白色ワセリン 50G

 

医療機関で傷口の保護などに使用されるほど安全性の高いワセリンが、この「白色ワセリン」です。
黄色ワセリンの純度をさらに高めたもので、かなりの敏感肌でない限りかぶれることはないですよ。

赤ちゃんのオムツかぶれにもおススメできるワセリン。
ベビー白色ワセリンも同程度の純度と考えて大丈夫です。

 

プロペト

【第3類医薬品】プロペトホーム 100g日本薬局方 白色ワセリン【コンビニ受取対応商品】

 

目の周辺や敏感な部分にも使用することが出来るのが、白色ワセリンの純度をさらに高めた「プロペト」
白色ワセリンよりも純度の高いワセリンなので、肌の弱い方に医療機関で処方されることが多いですよ。

その純度は「目に使う軟膏の基剤に使用できる」ほどのレベルです。

 

サンホワイト

サンホワイトP-1 <高品質の白色ワセリン100%> 50g

 

白色ワセリンから不純物をさらに精製・純度を高めた「香料・着色料・保存料無添加」一番純度の高い白色ワセリンがサンホワイトです。
プロペトでも刺激を感じたり、かぶれてしまうほど肌の弱い人が使用します。

サンホワイトはステロイド等の他の軟膏と混ぜて使用する「基剤」としての役割がないので、保険適応外の「市販薬」
そのため他のワセリンと比べて、少し値段が高いですよ。
ドラッグストアでは見かけませんが、病院・調剤薬局ではよく取り扱っています。

もちろん赤ちゃんに安心して使うことができますが、ここまで純度の高いワセリンは、かなり肌の敏感な赤ちゃんでない限り使わなくてもOKですよ。

私が働いていた薬局でサンホワイトを購入されていた方は、重度のアトピー性皮膚炎に悩まされている方が多かったです。

 

赤ちゃんのオムツかぶれに~ワセリンの使用法と注意点~

オムツかぶれは、オムツでおおわれている部分だけに炎症が起きるのが特徴。
下痢が続いているときや、汗をかきやすい夏場などは特にオムツかぶれに注意してあげてくださいね。

オムツかぶれにワセリンを使用するときは

 

・お尻を清潔にする
・しっかりと水気を取る
・薄く塗る(塗りこむのではなく肌を保護する感じ)

 

ワセリンは「肌の保護剤」なので、消毒したり殺菌したりという効果はありません。

シャワーなどで清潔にしたあとに、水分をしっかりと拭き取って、赤くなった患部を外部の刺激から保護するように伸ばしてあげてください。
もちろんお母さんの手も清潔にしてから、ワセリンに触れるようにしてくださいね♪

私は「あれ?少し赤くなってるかな?」と感じたときに、ワセリンを塗ってあげるようにしています。

普段のオムツかぶれ対策は以前書いた【赤ちゃんのオムツかぶれの原因とは?オススメ対処法を紹介】という記事に、ママさんたちから聞いたオムツかぶれ対策を紹介しているので興味のある方は読んでみてくださいね。

 

そしてオムツかぶれにワセリンを使う時は「軽度のオムツかぶれ」であることと「いつものオムツかぶれ」であることがポイント。

 

・ジュクジュクしている
・皮がむけている
・湿疹・赤みの範囲がかなり広い
・長期間ただれている

 

オムツかぶれの中には、肌の常在菌であるカンジタ菌に感染したカンジタ性皮膚炎の場合もあります。
カンジタ菌はカビの一種・真菌のため、抗真菌薬を使わないと治りません。
また、ステロイドが配合された市販薬を塗ってしまうとカンジタ菌が増殖し悪化する恐れがあります。

普通のオムツかぶれとカンジタ菌のオムツかぶれの見分け方については【赤ちゃんがオムツかぶれと思ったらカビ!通常のかぶれとカビの見分け方】の記事でさらに詳しく触れているので、気になる方は読んでみてくださいね。
いつもと違うオムツかぶれと感じときは、悪化してしまう前に少しでも早く小児科・皮膚科に受診しましょう。

スポンサードリンク

まとめ

オムツかぶれをしないようにする一番のポイントは「少ししかオシッコしてないから」「サイズが合わないけどいいや」など、決して大人の都合で赤ちゃんに負担をかけないこと。

オムツかぶれは長時間オムツをしている赤ちゃんや、サイズが合っていないオムツを履いている赤ちゃんに多く見られます。
いくら気をつけても肌が弱い赤ちゃんには起きてしまいますが、簡単に手に入るワセリンを正しく使用することで、オムツかぶれの悪化を防ぐことが出来ますよ。

赤ちゃんの肌は大人と違ってデリケートであることを頭に入れて、すべすべ可愛い赤ちゃんの肌を守りましょうね!

 - オムツかぶれ

記事本文下①アドセンス

スポンサードリンク


記事本文下②アドセンス




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

赤ちゃんのオムツかぶれに市販薬は効く?市販薬を使う時の注意点

赤ちゃんの皮膚はデリケート。 ゆるゆるウンチやオシッコの刺激で、すぐにお尻が真っ …

赤ちゃんがオムツかぶれと思ったらカビ!通常のかぶれとカビの見分け方

赤ちゃんがオムツかぶれしてるなぁ~と思い病院に行くと「カビ」と言われてすごくショ …

赤ちゃんの下痢が続くのはいつまで?オムツかぶれを防ぐポイント

生まれたばかりの赤ちゃんはずっと下痢っぽい軟便が続きますよね。 オムツからすぐに …

赤ちゃんのオムツかぶれの原因とは?オススメ対処法を紹介

赤ちゃんの肌トラブルの中でも一番多い「オムツかぶれ」は、どのお母さんもぶち当たる …