happy Mom

3児の母と調剤薬局事務士の視点からお届けする子供の健康トラブル解決ブログ

*

子供のインフルエンザ予防接種は効果無し?賛成派・反対派の意見を知ろう

      2015/10/26


OZP73_okusuridasimasyouka20140321

季節が冬に近づいてくると、気になるのがインフルエンザの流行。

色んな対策方法がありますが、一番に思いつくのが「インフルエンザ予防接種」ではないでしょうか?

まわりのママ達から「うちの子、もう予防接種終わったよ」なんて話しを聞くと「うちも早く小児科行かなきゃ!!」と焦ってしまう事も・・・。
その反対で「予防接種は絶対にしない!!」というママもいます。

 

インフルエンザの予防接種って受けた方がいいの?」
「受けない方がいいの?」
「賛成派・反対派の理由とは?」

 

インフルエンザ予防接種を受けるべきか受けないべきか・・・。
今回の記事が悩めるお母さんの参考になればいいなと思います。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種は賛否両輪

インフルエンザの予防接種をめぐっては、賛成・反対様々な意見があります。

大まかに見ると基本的に大抵のお医者様は賛成派。
政府や地方自治体なども賛成派・・・といった感じで、社会の流れとしては賛成派が大多数のようです。

しかし一方では、自然派の子育てをしていたり、統合医療の人は反対派や慎重派だったりします。

様々な考え方があるのでどちらも「正解」はないのですが、大切な子どもさんの身体のことなので、色んな意見を参考にすると良いですね。

インフルエンザ予防接種賛成の意見

インフルエンザ予防接種の効果は「インフルエンザにかからないため」ではなく「インフルエンザにかかったときの重症化」を防ぐことにあります。

感染する前に予防接種で抗体を作っておくことによって、体内ではインフルエンザ感染の予行練習をしているような状態になりますね。
そこへウイルスが侵入してきたら、体内では予めインフルエンザウイルスとの戦い方を予習しているので、上手に症状を受け止めることが出来るという考え方です。

 

<インフルエンザ予防接種ガイドライン等検討委員会によると>

 

・インフルエンザ予防接種を受けないでインフルエンザに罹った人の34%~55%は予防接種をしていたらインフルエンザに罹らずに済んだ
 ・予防接種を受けずにインフルンザに罹って死亡した人の82%はインフルエンザ予防接種をしていたら死亡せずに済んだ。

インフルエンザ予防接種ガイドライン

 

と、発表しています。

 

この考え方はすべての予防接種につながる考え方で、すぐに重症化してしまう病気や、死へつながる可能性の非常に高い病気へは受けるべきだと私は思います。

予防接種をちゃんと受けることによって助けることの出来る命がこの世界にどれだけあるのか・・・考えるだけで予防接種の大切さが分かりますね。

インフルエンザの予防接種持続効果はいつまで?しっかり効果が出る時期とは

インフルエンザ2015流行する時期はいつ?予防接種を受けるベストタイミングを紹介

スポンサードリンク

 インフルエンザ予防接種反対の意見

インフルエンザ予防接種は「感染後の症状の重症化を防ぐだけで、感染を防ぐ効果はない。副反応など身体への影響があるので反対」というものが予防接種反対派の意見です。

また一部では「製薬会社の利益を生み、病院が儲かるためのものである」という意見も・・・。

そもそも何らかに感染したときの症状というのは、身体がウイルスと闘っている証拠です。
これらを抑圧することによってウイルスと闘う機会を奪い、体内の浄化ができなくなってしまうんですね。

また、本来ならば病気にかかることで自然免疫を作るのですが、その機会を予防接種によって奪われ慢性的に病んだ状態を生み出してしまいます。

人工的に作られたワクチンを投与することは体内に異物を入れることに違いなく、身体に負担がかかることは否定できません。

 

<JPHMA代表 ホメオパシー博士 由井寅子氏によると>

 

●理解されるべきは、症状はありがたい、病原体はありがたいということ。
●恐ろしい病原体がいるというのは幻想で、本当に恐ろしいのは免疫力の低下であるということ。
●その免疫力を低下させるものの代表として予防接種があるということ。
●浄化のために起こる症状を抑圧することで、免疫力が低下してしまうということ。
●免疫力を高めるためには食生活を正し、体毒を排泄し、心と体のこだわりを解放し、自然体となるようにすること。

由井寅子JPHMA会長 – 日本ホメオパシー医学協会

 

しっかりかかってしっかり休養して・・・身体の声に耳を澄ますこと。

現代人はこのことを忘れがちかもしれませんね。

【卵アレルギーのインフルエンザ予防接種】赤ちゃんや子供は受けることが出来るの?

インフルエンザ予防接種後の副作用って?大丈夫な場合とそうでない場合の見分け方

まとめ

私はホメオパシーを学んだ立場の考え方なので、過剰な予防接種には反対派です。
(「同種のものが同種のものを治す」という原理に基づく治療術のこと)

私自身もホメオパシーに出会うまで当たり前のように予防接種を受けていました。

しかし、ホメオパシーに出会い、勉強していく中で

「自然に反することをすると必ず歪みが生じること」
「人は自然と共に生きることが一番であること」

を学びました。

私は自分の子供たちには集団生活をしている一員のマナーとして「重症化しないよう、周りに感染を広めないよう」予防接種は受けさせていますが「予防接種賛成!」とは個人的には思っていません。

特に新しすぎる予防接種なんかは正直怖いです。

(子宮頸がんのワクチンなんてリアルタイムな話題ですよね)

「インフルエンザの予防接種を受けるか、受けないか」に関して正解を出すことは出来ません。

日本は少し体調が崩れると「薬、薬・・・」となりがち。

しかし海外では「かかる前に体調管理を」「かかったら自然治癒力を高めるものを摂取する」という考え方で対処しており、日本のようにたくさんの薬を飲むような考え方はしていません。

以前働いていた薬店に来店された外国人の方が「日本人はこんな麻薬が混じった薬を子供用に販売しているのか?」とびっくりされた経験が・・・。
(日本の風邪薬には、麻薬や覚せい剤原末などが普通に配合されています)

私はいち医療従事者です。

しかし薬や予防接種の効果を勉強したからこそ「人が生まれながらに持ち合わせている自然治癒力をもっと信じて欲しいな」といつも思っています。

 - インフルエンザ

記事下

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

インフルエンザ感染を防ごう!正しい・簡単・効果的な予防対策オススメ8選!

巷でインフルエンザの流行の話しを聞き始めると「いつわが子に・・・!?」なんてヒヤ …

インフルエンザ2015流行する時期はいつ?予防接種を受けるベストタイミングを紹介

日増しが秋めいてきてずいぶん過ごしやすくなりましたね。しかし肌寒くなってくるとこ …

インフルエンザ予防接種後の副作用って?大丈夫な場合とそうでない場合の見分け方

インフルエンザの予防接種を子供に受けさせるとき、お母さんの頭によぎる心配の一つに …

【卵アレルギーのインフルエンザ予防接種】赤ちゃんや子供は受けることが出来るの?

毎年秋ぐらいになると、インフルエンザワクチンの予防接種が始まります。 しかしこの …

インフルメーターでインフルエンザ予防!アプリと併用した使い方を紹介

「インフルエンザ」と言えば、冬になると流行るウイルス性呼吸器感染症です。 正直私 …

子供がインフルエンザなのに熱が出ない?インフルエンザと風邪の違いとは

子供が体調を悪くしたとき、症状を見てあらかたの病気の予想をたてることができれば、 …

子供がインフルエンザに!家庭で看病する時にうつらないためのポイントとは

保育園や幼稚園など集団生活の場所にいると発症の機会が多いと言われている「インフル …

インフルエンザの予防接種持続効果はいつまで?しっかり効果が出る時期とは

インフルエンザの予防接種を考えているお母さん達にとって、「いつ受けさせるか」とい …

インフルエンザの予防接種妊婦は受けていい?妊娠中に接種するメリットとデメリット

わくわく・・・。ドキドキ・・・。 赤ちゃんが生まれてくる楽しみが膨らむと同時に、 …

インフルエンザ対策にオススメのスマホアプリ5選で子供を守ろう!

11月~2月ぐらいになるとに流行しだすインフルエンザ。 インフルエンザは風邪に比 …