happy Mom

3児の母と調剤薬局事務士の視点からお届けする子供の健康トラブル解決ブログ

*

子供がインフルエンザに!家庭で看病する時にうつらないためのポイントとは

      2015/10/26


PAK95_gussurinemuruanjyu

保育園や幼稚園など集団生活の場所にいると発症の機会が多いと言われている「インフルエンザ
潜伏期間も短く、感染力も強いので1年を通じて発症の可能性が高いとも言われています。

予防接種もありますが、あくまで予防ですので注射を打っていてもインフルエンザにかかることもしばしば・・・。
本当は子供が苦しむ様子なんて見たくないのですが、もしも子供がインフルエンザになってしまった場合お母さんや他の家族までかかってしまっては大変なことになってしまいます。

家族がインフルエンザにかかってしまった時、家庭での看病の仕方を知っておくとお母さんも慌てなくて済みますよ。
一緒にインフルエンザに感染しない様、正しい看病の仕方を学びましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザにかかった子供を看病する時のポイント

子供や家族がインフルエンザにかかってしまったっとき、どんなことを注意・心掛けして看病するといいのでしょうか?
みんなでうつし合わないためにも、しっかりと看病する時のポイントを学んでおきましょう。

手洗いとうがい

どんなウイルス対策にも繋がりますが、インフルエンザにならないためには「手洗いとうがい」が最大のポイントです。
家族がインフルエンザにかかった時は、特にこまめに手洗いうがいをするように心がけましょう。

手の平だけではなく手の甲、指先や指の間など、念入りに洗うことがポイントです。
またお茶などでうがいをすると良いとも言われたりしますが、お水でも十分効果がありますよ。
(うがいが出来ない小さいお子さんには、お茶をこまめに与えてお茶に含まれるカテキンで殺菌なんかも効果的です)

 

感染者のみならず家族みんなでマスクを!

感染者のみならず家族みんなでマスクをするように心がけましょう。
インフルエンザウイルスは飛まつ感染するのでマスクがとても効果的です。

またマスクの表面にはたくさんのウイルスがくっついているので、表面をベタベタ触ったり再利用するのは良くありません。
少しもったいないですが、こまめにマスクを取り換えるようにしましょうね。

スポンサードリンク

感染者と部屋を別室にする

兄弟がいる家庭だと「お姉ちゃんと遊ぶ~!」なんて言って下の子がインフルエンザに感染した上の子に近づいてしまいがちですが、これは絶対に避けたいところ。

寝室を別室にしてあげることで、くしゃみによる飛まつ感染や接触感染なんかも防ぐことが出来ますよ。
家族への感染も怖いですし、感染した子供も騒がしい部屋ではゆっくり休むことも出来ませんよね。

家族がインフルエンザに感染したときは、出来る限り別室で看病してあげるようにしてあげましょう。

 

部屋の温度・湿度管理

インフルエンザウイルスは「低温・乾燥」が大好き!
これを逆手にとって「部屋の温度を18℃~20℃」「湿度50%~60%」に保つことを心掛け、一時間に一度は換気すると効果的ですよ♪

私は子供が生まれてから家中の時計を温度計と湿度計がセットになったデジタル時計に変えたのですが、これが本当に便利!

そして次女が生まれる際にはインフルエンザが流行しやすい環境になるとアラームで教えてくれる「インフルメーター」を購入したのですが、お蔭で主人がインフルエンザにかかってきても子供たちや私は感染することなく過ごすことが出来ましたよ。

インフルメーターでインフルエンザ予防!アプリと併用した使い方を紹介

インフルエンザ対策にオススメのスマホアプリ5選で子供を守ろう!

 

嘔吐物やオムツの処理には細心の注意を!

インフルエンザ感染者の嘔吐物やオムツにはたくさんのウイルスが排出されています。
少し面倒くさいのですが、他の家族が感染しないためにも

 

・オムツは一つづつ小さなビニール袋へ入れてみんなが使用する通常のごみ箱とは別のごみ箱へ捨てる。
・嘔吐物はトイレなどへ流し、使用したタオルや洗面器はすぐに洗う。
・使用したものや嘔吐物が床についたときはしっかりと消毒(次亜塩素酸が有効的です)
・嘔吐物やオムツに触った時はしっかりと手洗い。

 

これらのことをしっかりと意識しましょう。

私は家族への感染を予防するためにも、トイレ掃除やオムツ用のごみ箱、床拭きなんかは普段から次亜塩素酸での消毒を心掛けています。
そして子供たちが良く触るおもちゃなんかも煮沸できるものは煮沸消毒したり(おままごとのおもちゃはよく口に当てたりするので)、除菌用ウエットティッシュで拭いたりしていますよ。

 

家族全員で予防接種

インフルエンザにかからないようにするには家族みんなが「予防接種」することが重要です。
もしもかかってしまった時も、重症化することを防ぐ効果もありますよ。

また予防接種をしてから抗体ができるまで数週間かかってしまうので、10月の終わるころには済ましておきたいところ。
流行がはじまるのが11月中旬から12月にかけて、またピークが1~3月なので10月の前半に1回目を接種すると効果的ですよ。

ただ接種すればいいなど安易な考えではなく、接種するのであれば、計画的に接種することをオススメします。

インフルエンザ2015流行する時期はいつ?予防接種を受けるベストタイミングを紹介

インフルエンザの予防接種持続効果はいつまで?しっかり効果が出る時期とは

家族にこんな人がいたら感染しないように特に要注意!

誰一人としてかかりたくないインフルエンザですが、家族に「赤ちゃん」「乳幼児」「妊婦」「高齢者」がいたら特に感染しないように注意を払うようにしましょう。

これらに当てはまる人がインフルエンザに感染してしまうと重症化する恐れがあります。
赤ちゃんや乳幼児だと上手く症状が伝えらないので脱水症状や肺炎なんかを引き起こしてしまうケースも・・・。

お母さんが第二子・第三子を妊娠中も、体調不良によるお腹の張りや食べることが出来なくなって栄養が不足・・・なんてことも怖いですしね。
(妊婦がインフルエンザに感染したからといって、胎児へ大きな影響が出るなんてことはほとんどありません)

そんな時、協力者がいる場合は感染者の看病をお願いしちゃいましょう。
そして前もって予防接種をするように心がけて、もしも家族に感染者が出た場合はなるべく接触しないようにしましょうね。

インフルエンザの予防接種妊婦は受けていい?妊娠中に接種するメリットとデメリット

まとめ

家族に一人でもインフルエンザ感染者が出てしまうとお母さんは本当に大変です。
しかし本当に辛いのは、この感染を止めることが出来ずにインフルエンザが家族へ続々とうつってしまうこと。

一番家事を把握しているお母さんが感染してしまっては、もうお家は悲惨な状況になってしまいます・・・。
そんなことにならないためにも日ごろから予防を心掛け、もしも家族に感染者が出てしまったときには適切な看病をするようにしましょうね♪

 - インフルエンザ

記事下

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【卵アレルギーのインフルエンザ予防接種】赤ちゃんや子供は受けることが出来るの?

毎年秋ぐらいになると、インフルエンザワクチンの予防接種が始まります。 しかしこの …

インフルエンザ2015流行する時期はいつ?予防接種を受けるベストタイミングを紹介

日増しが秋めいてきてずいぶん過ごしやすくなりましたね。しかし肌寒くなってくるとこ …

インフルエンザの予防接種持続効果はいつまで?しっかり効果が出る時期とは

インフルエンザの予防接種を考えているお母さん達にとって、「いつ受けさせるか」とい …

インフルエンザ対策にオススメのスマホアプリ5選で子供を守ろう!

11月~2月ぐらいになるとに流行しだすインフルエンザ。 インフルエンザは風邪に比 …

子供がインフルエンザなのに熱が出ない?インフルエンザと風邪の違いとは

子供が体調を悪くしたとき、症状を見てあらかたの病気の予想をたてることができれば、 …

インフルメーターでインフルエンザ予防!アプリと併用した使い方を紹介

「インフルエンザ」と言えば、冬になると流行るウイルス性呼吸器感染症です。 正直私 …

インフルエンザ予防接種後の副作用って?大丈夫な場合とそうでない場合の見分け方

インフルエンザの予防接種を子供に受けさせるとき、お母さんの頭によぎる心配の一つに …

子供のインフルエンザ予防接種は効果無し?賛成派・反対派の意見を知ろう

季節が冬に近づいてくると、気になるのがインフルエンザの流行。 色んな対策方法があ …

インフルエンザ感染を防ごう!正しい・簡単・効果的な予防対策オススメ8選!

巷でインフルエンザの流行の話しを聞き始めると「いつわが子に・・・!?」なんてヒヤ …

インフルエンザの予防接種妊婦は受けていい?妊娠中に接種するメリットとデメリット

わくわく・・・。ドキドキ・・・。 赤ちゃんが生まれてくる楽しみが膨らむと同時に、 …