happy Mom

3児の母と調剤薬局事務士の視点からお届けする子供の健康トラブル解決ブログ

*

【卵アレルギーのインフルエンザ予防接種】赤ちゃんや子供は受けることが出来るの?

      2015/10/26

Pocket

syringe-957260_1280
毎年秋ぐらいになると、インフルエンザワクチンの予防接種が始まります。
しかしこのインフルエンザ予防接種、受けるにあたって注意すべき人がいるのをご存知でしょうか?

実はインフルエンザワクチンを接種する際に「卵アレルギーを持った人」へのワクチンの接種は注意をする必要があるんです。

 

卵アレルギーがある方はインフルエンザの予防注射を受けられる前に医師にお伝えください

 

なんて張り紙を病院で見たことのあるお母さんも多いのでは?

 

・自分の子供が卵アレルギーだった場合、予防接種を受けられないのか?
・インフルエンザワクチンと卵アレルギーの関係は?

 

このような点について今回は紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

どうして卵アレルギー持ちはインフルエンザ予防接種を受けることが出来ないの?

卵アレルギーの人がインフルエンザワクチンを接種出来ない

 

そう言われている理由は、実はインフルエンザワクチンには微量なんですが「鶏卵」を用いた成分が使用されているからなんです。

しかし「卵アレルギーを持っているから絶対にワクチンを接種出来ない!」という事ではありません。
実際には卵アレルギーを持っていても、接種できない人は稀。

アレルギーの中でも最も怖い「アナフィラキシー」(短時間で急激に起こる激しいアレルギー症状)を起こす重度の症状をもった子供のみ、接種を見合わせる必要があります。

もちろん軽度の症状の場合でも健康状態などによって見合わせる事は必要。
卵アレルギーの子供さんにインフルエンザワクチンを接種させようと思っている場合は、事前に医師に相談してくださいね。

インフルエンザ予防接種後の副作用って?大丈夫な場合とそうでない場合の見分け方

スポンサードリンク

卵アレルギーがきつい人は皮内テストを受けよう

 

インフルエンザの予防接種をできるのは最低でも生後6カ月を過ぎてからが一般的。
しかし離乳食などで卵を食べ始めるのってもう少し月齢が進んでからですよね?

そのため、卵アレルギーが心配で月齢の低い赤ちゃんへのインフルエンザ予防接種を迷っているお母さんはたくさんいると思います。

 

・家族に卵アレルギーの人がいる場合
・皮膚の乾燥がアトピーを疑わせるような場合
・薬や皮膚に接触するものでアレルギーのような症状が出たことのある場合
・ミルクや口にした飲食物でアレルギーのような症状が出たことのある場合

 

このようなことに当てはまる赤ちゃんや子供さんの場合は、前もってアレルギーの有無を調べる血液検査を受けておくと安心ですよ。

そしてここで卵に対して高いアレルギー数値が出た場合、医師の判断で皮内テストを受ける必要があります。
皮内テストとは実際のワクチンの1/100量となる希釈されたインフルエンザワクチン液を皮内か皮膚の浅いところへ少量接種し、腫れたり赤くなったりしないかを調べるもの。

 

・腫れが9-14mm以下、赤くなったところが20-39mm以下であればワクチンの接種は可能
・腫れが15mm以上、赤い部分が40mm以上の場合は医師の判断により接種は不可能

 

いくらアレルギー数値が低かったとしても、少しでも不安な場合は皮内テストを受けてみるのが一番安心出来ていい方法ですよ。

 

しかしこの皮内テストはどこの病院でも行っているわけではないのが難点!
皮内テストを行っているかどうかを事前に確認しておく必要があることを忘れないでくださいね。

まずはお医者さんにしっかりと相談

 

最近になって「子どものアレルギー」という言葉をよく聞くようになったと思います。

現代社会では

 

・0〜14歳の子どもで4割
・4歳以下の子どもでは2人に1人がなんらかのアレルギーを持っている

 

と言われています。

我が家もみんなが何かしらアレルギーを持っていて、触ってはいけないものや食べてはいけないものが人によって違うので大変。

アレルギー反応が出たらお母さんはその食べ物を除去するのが一番の対策ですが、アレルゲンの中には子どもの成長には欠かせない栄養がたくさん入っています。

小さいうちに受けたアレルギー検査は、大人の場合と違って成長に伴い変化していくこともよくあることなので、半年に一度くらいは医師に相談し、アレルギーの検査を受けて見ることも大切ですよ。

 

まとめ

うちの子は軽症だけど卵アレルギーあるんだよねぇ~」なんて不安のある方は、重篤な副作用を起こさないためにも皮内テストを行っている病院へ一度受診することをオススメします。

アレルギーは今は軽症でも、身体の受け皿がいっぱいになった途端に大変な症状を引き起こすことも・・・。

私は実際に、ある特定の成分の入った洗剤を触るとかぶれてるような気がしていたのですが、あまり気にせず使っていたんですね。
するとある日突然、手の甲が真っ赤に腫れ上がって水ぶくれのようなものが出来て大変な思いをしたことがあります。

こんなことにならないよう、皆さんも気を付けてくださいね♪

 - インフルエンザ

記事下

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

子供がインフルエンザなのに熱が出ない?インフルエンザと風邪の違いとは

子供が体調を悪くしたとき、症状を見てあらかたの病気の予想をたてることができれば、 …

インフルエンザ感染を防ごう!正しい・簡単・効果的な予防対策オススメ8選!

巷でインフルエンザの流行の話しを聞き始めると「いつわが子に・・・!?」なんてヒヤ …

インフルエンザ予防接種後の副作用って?大丈夫な場合とそうでない場合の見分け方

インフルエンザの予防接種を子供に受けさせるとき、お母さんの頭によぎる心配の一つに …

子供がインフルエンザに!家庭で看病する時にうつらないためのポイントとは

保育園や幼稚園など集団生活の場所にいると発症の機会が多いと言われている「インフル …

子供のインフルエンザ予防接種は効果無し?賛成派・反対派の意見を知ろう

季節が冬に近づいてくると、気になるのがインフルエンザの流行。 色んな対策方法があ …

インフルエンザ2015流行する時期はいつ?予防接種を受けるベストタイミングを紹介

日増しが秋めいてきてずいぶん過ごしやすくなりましたね。しかし肌寒くなってくるとこ …

インフルエンザの予防接種持続効果はいつまで?しっかり効果が出る時期とは

インフルエンザの予防接種を考えているお母さん達にとって、「いつ受けさせるか」とい …

インフルメーターでインフルエンザ予防!アプリと併用した使い方を紹介

「インフルエンザ」と言えば、冬になると流行るウイルス性呼吸器感染症です。 正直私 …

インフルエンザ対策にオススメのスマホアプリ5選で子供を守ろう!

11月~2月ぐらいになるとに流行しだすインフルエンザ。 インフルエンザは風邪に比 …

インフルエンザの予防接種妊婦は受けていい?妊娠中に接種するメリットとデメリット

わくわく・・・。ドキドキ・・・。 赤ちゃんが生まれてくる楽しみが膨らむと同時に、 …