happy Mom

3児の母と調剤薬局事務士の視点からお届けする子供の健康トラブル解決ブログ

*

新生児や赤ちゃんが便秘で大泣き!ミルクか母乳での水分違いが原因?

      2015/10/29


 150809360948

産まれて間もない赤ちゃんや、まだ意思表示が出来ない小さな子供の便秘は見ている親も苦しいものですよね。

 

「もう3日も出ていない、どうしよう・・・」
「おなかがパンパンで苦しそう・・・」
「できる事なら代わってあげたい、早く楽にしてあげたい。」

 

私もそんな風に思った親の一人です。

まだ固形物の食事もほとんど取れない新生児や赤ちゃんが、どうして便秘になってしまうのでしょうか?

スポンサードリンク

新生児や赤ちゃんの便秘の原因~栄養の取り方の違い~

baby-472926_1920

「ミルクの赤ちゃんは母乳の赤ちゃんより便秘になりやすいよ!」

赤ちゃんを育てたことのあるお母さんなら一度は聞いたことのある話でしょう。

一般的に、新生児期〜乳児期に人口の粉ミルクで育てられた赤ちゃんは「便秘しやすい」と言われています。
では、なぜ人口粉ミルクは便秘の原因になるのでしょうか?

人間の腸は、腸内に入ってくる内容物の浸透圧が体の浸透圧よりも高かったり低かったりすると、体の浸透圧と同じぐらいにしようと動き出します。

そのため、赤ちゃんの体内に浸透圧の低い粉ミルクが入ってくると、浸透圧を高くするために体はウンチから水分を吸収。
結果ウンチが固くなってしまい、便秘の原因に!

それとは逆に、浸透圧が高いミルクが入ってくると浸透圧を低くするために水分が腸内に運ばれて、「ゆるいウンチ=下痢」となってしまうのです。

「浸透圧」なんていわれるとなんだかややこしい感じがしますが簡単ですよ♪

 

びしょびしょに濡れたタオルに、乾いたタオルを重ねてください。
濡れたタオルから乾いたタオルに水分が移動しませんでしたか?

 

濡れたタオル=赤ちゃんのウンチ
乾いたタオル=浸透圧の低いミルクが入った時の腸内

 

乾いたタオルの吸収率が高ければ高いほど、濡れたタオルから水分が失われます。
こんな感じで赤ちゃんの腸内のウンチの水分量が変化、便秘になったり下痢になったりしているんですよ。

そして母乳が便秘しにくい理由もこの浸透圧。

母乳とは、言い換えればお母さんの体液ですよね。

母乳=体液なので浸透圧を調整することなく、赤ちゃんの腸内に自然と吸収されるようになっています。
(等浸透圧=アイソトニックと呼ばれます)

私の友人は母乳寄りの混合育児で「 母乳は消化が良く便秘しにくい」と学んだので母乳育児にこだわっていたのですが、便秘をさせてしまいました。

その原因を病院で聞いてみると「母乳量の不足」だったそうです。

いくら母乳で育てていても、授乳の量が少ないとウンチの量が少なくなってしまいなかなか出ないそう・・・。

「誰でも完全母乳が可能!」と言う助産師の意見と「母乳が出なければミルクを沢山飲ませなさい!」と言う小児科医の意見に挟まれた友人。

結局友人は母乳へのこだわりを捨てることが出来ず

「母乳を飲ませているのに・・・たくさん出ているはずなのに・・・赤ちゃんの便秘が治らない」

会うたびにイライラしていて、一時はノイローゼ気味になっていました。

子供の健やかな成長を考えたら「母乳orミルク」へのこだわりなんかよりも、もっとミルクを上手に活用出来たら良かったのかもしれませんね。

スポンサードリンク

新生児や赤ちゃんの便秘の原因~外的要因~

baby-772441_1920

新生児や赤ちゃんの便秘の原因は、先ほど挙げた「栄養摂取の違い」の他にも様々あります。
便秘が気になるお母さんは、母乳やミルク以外にも次に紹介することをチェックしてみましょう。

 

運動不足

寝ている事がほとんどで、あまり自分で動けない新生児や赤ちゃんは運動不足になりがち。
また、赤ちゃんはまだ腹筋が発達していないので、ウンチをいきむ力もあまりありません。

ネンネの時期は、オムツの交換時やスキンシップに一環として、足を自転車漕ぎのように動かしたりして積極的に体を動かしてあげましょう。

新生児や赤ちゃんの便秘にオススメ!簡単マッサージ・体操のやり方4選

 

水分不足

新生児や赤ちゃんの水分不足は便秘の原因になりますよ。

小さい子はとっても汗っかき!
よくお風呂上がりに「白湯を飲ます」なんて聞きますが、これも立派な水分補給ですね♪

だからと言って水分の摂り過ぎは胃液を薄め、離乳食の消化を妨げてしまう原因にも・・・。
赤ちゃんの一日に必要な水分量は体重によって決まってくるので、ウンチの様子をよく観察しながら適量を見極めて与える事が大切です。

新生児や赤ちゃんの正常なうんちの色や回数は?注意すべき便について

 

季節による便秘

赤ちゃんが便秘になりやすいのはダントツで夏!
夏は、沢山の汗をかくので体の水分が不足します。

オシッコの量や回数も極端に減り、色も濃くなっていませんか?
赤ちゃんは、自分の口で喉が渇いたなどと言えません。

常に子供の様子を観察して

 

・母乳の授乳回数を増やす
・ミルクの量を調整する
・果汁や白湯を適宜与える

 

などを行って、夏の水分不足を上手に乗り切りましょうね。

私の次女が便秘に悩まされたのは生後5ヶ月〜9ヶ月頃。
ちょうど離乳食が始まる時期で、母乳(水分)不足が大きな理由だったのかな?と思います。

また、もう一つ考えられる事は生後6ヶ月頃に引越をしたこと。
他府県に引っ越したこともあり、生活環境が大きく変わりました。

その事が次女にとってストレスだったのかもしれません。
赤ちゃんの便秘の原因は大人と同じなのですね。

この頃から、ベビーマッサージを習い始めマッサージしてあげるようにしました。
そうこうしているうちに、ずりはいやハイハイが始まって運動量が増え、気づいたら便秘があまり気にならなくなっていましたよ。

子供や赤ちゃんの熱中症症状リスト!予防や水分補給等の対策について

 

新生児や赤ちゃんの便秘の原因~病気~

think-225401_1280

赤ちゃんの便秘には先天的な病気が隠れている場合もあります。
ここでは代表的な病気を二つ紹介しますね。

 

ヒルスシュスプリング病

ヒルスシュスプリング病とは、生まれつき腸の神経節細胞の一部が無いために便を体外へ送り出すことが出来ず、重い便秘や腸閉塞を起こす先天性の病気です。

生まれて間もない新生児の場合では、胎便の排泄が遅れる事が最初の症状。
排便やオナラが出せないので、お腹が風船のように膨れ上がってきます。

次第に哺乳力が落ち、濃い緑色の胆汁のようなものを吐いたりすることも。
症状が進行してくると体重が増えなかったり、栄養失調になる事もあります。

 

腸重積症

腸の中に腸の一部がもぐりこんで詰まってしまう病気です。

ひどい痛みのせいで普通とは違う激しい泣き方をするのが特徴。
泣き出したかと思うと泣きやむことを10~30分おきに繰り返します。

治療が遅れると腹膜炎などをおこしますので「泣き方がいつもより激しい」と感じたら早めに病院へ受診しましょう。

またその他には、水分不足により便が固いために起こる「裂肛」なんかあります。
(肛門が切れてしまい真っ赤な血が出てしまいます)

色々な便秘対策をしてみても、一週間以上全くウンチが出ないような便秘が何回も続くようであれば要注意!
一度行きつけの小児科を受診して見てくださいね。

まとめ

大人であっても便秘って本当に辛いですよね。

私は次女を出産した後ひどい便秘に悩まされて「お尻が痛すぎてトイレに行けない・・・」と夫に泣き付き、痔の治療薬「ボラギノール」を購入してきてもらったことがあります。
(自分では恥ずかしくて買えなかった・・・ 笑 )

水分をたくさん取ったり、しっかり運動をして対策をすれども私の便秘は解消されず、お尻の調子はますます悪化・・・。

 

「もう嫌だ!」

 

そんな途方に暮れていたある日のこと。

実母が家に遊びに来て、長女に飲むヨーグルト(900ml入り)を買ってきてくれたんですね。
普段はジュース系は全く飲まない私ですが、やたら長女がおいしそうに飲むので一緒に飲んでみると・・・あら不思議!

私の頑固な便秘はウソのように翌朝から治ったんですよ!(笑)
それ以来、便秘気味になると飲むヨーグルトを購入するようにしています。

病気でない場合の便秘なんて、私のようにこんな些細なことがきっかけで治ったりするもんです(笑)
あまり神経質にならず、おおらかな気持ちで赤ちゃんの便秘に付き合いましょうね♪

 - 赤ちゃんの便秘

記事下

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

赤ちゃんの便秘に綿棒浣腸が効果あり!やり方とコツや頻度を紹介

お母さんにとって赤ちゃんの便秘問題は、一度はやってくるものだと思います。 そこで …

新生児や赤ちゃんの便秘にオススメ!簡単マッサージ・体操のやり方4選

赤ちゃんの成長とともにウンチにも変化が出てきます。そんなウンチの変化にともなって …